ホリスティックケアエッセー

2012-02-07 21:26:00
嘘か誠かスローライフの流行で「お灸女子」という方々が増えているらしい
会ったことないですが



お灸が効く仕組みを簡単に説明すると




お灸の原料であるもぐさ(よもぎの産毛から作ります)に含まれるシネオール(チネオール)やタンニン、テルペンといった成分が、肌の上でもぐさを燃焼させることで熱刺激を受けて皮膚から浸透します。

 

すると「あちっ、なんだなんだ、怪我しちゃったのか?」と感じた身体はそれを治そうとしてインターフェロンやサイトカインといった化学物質を放出。

 

それを受けて白血球が増えるので、免疫力が活性化し、自律神経やホルモンが調整され、血流も増加します。

 

代謝を促す物質も増えるので、代謝がアップ → ダイエット効果も

 

タンニンの働きによって、炎症も抑えられて肩こりなどにも効果を発揮




その他、鎮痛作用、神経強壮作用、去痰作用、うっ血の除去作用、筋肉の弛緩作用など、様々な効能が期待できます






はい、そこで、です。

 

免疫力を上げるとして、最近注目のヒートショックプロテイン(熱ショックタンパク質)

 

42度のお風呂に週2度程度入るという入浴法によって活性化させようというお話が随所で聞かれますが、お気づきのように、お灸でも活性化されます

 

鍼灸師はお灸の作用の一環として、ヒートショックプロテインの仕組みを習っているんですねえ。






ヒートショックプロテインは、熱刺激だけでなく、ストレス刺激や、飢餓によっても活性化されますが、熱による作用が最も大きいのではないか、と言われています。

 

しかも、ストレスや飢餓より取り入れやすいですね。

 

ところで、断食が免疫力の賦活に役立つのは、このタンパク質の作用があるのだと思います。






傷ついた細胞の修復してくれるヒートショックプロテイン。がん細胞内のヒートショックプロテインが増えると、NK細胞が活発に働き、効率的に免疫力を上げてがんの活動を抑制してくれるというのも、注目ポイントですね。






さて、温めるということの効能
ここまでのお話で、なぜカイロや温灸膏、温湿布よりお灸の方がおすすめなのかがおわかり頂けたと思います。
温かいだけではなく、やにが肌に付くことで効果が数倍増加するんですね


ですから、鍼灸院で施術するお灸や温灸が、より効果が高いということになるのです。

 

お灸の効果を最大限に活用するためには、やにがつく、というのが一つの目安になるというわけですね。
また、熱刺激によって、有効成分を浸透させようという療法には、ビワの葉灸、にんにく灸、生姜灸、塩灸などもあります

冷え性、婦人病、痔、つわり、肩こり、腰痛、アレルギー、などなどからガンまで
鍼灸院で、一度しっかりと場所を教えてもらえば、家庭でも手軽にケアし続けることができます

お灸は小さくて手軽なくせに、非常に頼りになるのです






貼る温湿布には意味がない?

 

湿布の使用にご用心











プアマナのお灸


2012-01-25 13:19:00

人のオーラを見ることができるいう方のお話を聞くと、初対面の方とお話する時などに相手の性格や現在の気分などがわかるのは便利だろうな、と非常に羨ましい気がします。


オーラの色はその時々の気分によっても変化するものらしく、一色だけ見えるというものでもないらしい。
そして、その人の心持ちが変化するに連れて、オーラの色もやはり変化していくものなのでそうです。


例えば、ドッジボールをしているような場面ではボールを投げようとしている人のオーラの色が、赤みを帯びていれば直情的にあるいは力任せに投げてくるな、と予想ができる。しかし、その色が青い場合には、もう少し策略的にひねったボールが飛んでくる、というようなことがわかるのだそうです。
対人関係にも応用できそうで、やはりオーラが見えるのは羨ましく思えます。



オーラの色が持つ意味合いというのが私には良くわかりませんが、面白いのは、この直情的が赤、冷静で策略的なのが青、というのが東洋医学の五行説にも当てはまっていることです。
怒っている人、というのを色のイメージで表すとすると、赤、もしくは青筋を立てて怒るという表現があるように、青のイメージも浮かびます。赤鬼青鬼というのもここから来ているのでしょう。
この色の違いは、直情的に怒っているのか、同じ怒りでも考える余地がある策略的な怒り方なのかという差にあると考えられます。
「相手が赤い顔をして怒っているうちは怒りに任せて殴られる、ということがあるかもしれず危険ではあるが、相手が青い顔をして怒っていたら、刺されるかもしれないからとにかく逃げろ」と、鍼の学校で習いました。
一見、見境がなくなっていそうな赤い顔の方が恐ろしくて、青い顔なら冷静さが残っている分、交渉の余地があるのではないかという気がします。ところが赤なら闇雲に刺す、という分だけ急所は外れやすいけれど、青の場合は冷静に判断しているために確実に急所を狙ってくる。いわゆる殺人事件の裁判でいうところの殺意のあるなし、計画性有無というところだと思います。


この場合は、オーラが見えなくても、顔色に現れていますので、そんな場面に遭遇することがあったら、皆様も「ちょっと待て、話せばわかる」などと交渉しようと思わずに一目散にお逃げになることをオススメします。


さて、一見便利に見えるオーラを見る能力、実は見える人にとっては結構煩わしいもののようです。
ある 私の友人は授業中に級友のオーラがある日イエス・キリストのような金色に輝いているのに気づき、「なぜ彼のオーラが今日は金色なのだろう」と考えてしまい授業に集中することができなくて困った。と言っていましたし、刑務所のドキュメント番組のようなものを見ると、殺人を犯したような囚人のオーラはドス黒くて具合が悪くなってしまったりするのだそうです。


危機回避や、交渉の場面では相手のオーラが見えるのは便利のように思えますが、目の前でニコニコ笑っている人のオーラがドス黒かったりするのが見えてしまったとしたら、それも悲しいものなのかもしれません。



私たちは、あらゆる分野の能力者を無条件で羨んでしまうという傾向がありますが、見えなくても良いものが見える、というのは、必ずしも本人にとっては良いことばかりとは限らないのかもしれません。



2011-12-26 22:39:00
ホリスティックケア・プアマナは




12月30日(金)より

2012年

1月5日(金)まで
お休みさせて頂きます


1月6日より通常通り営業させて頂きます





よろしくお願い申しあげます














2011-11-29 10:37:15
頭痛や神経痛がでると非常に煩わしいものです


頭や顔面、肩の上部まで痛みや、ピリピリとした感覚があったり、痛みまではいかなくても、ずーんと圧力がかかっているような重さがある



頭部の痛みは重大な疾患が隠れていることがあるので、定期的にそんな感覚が襲ってくる場合や、急激な痛みには必ず脳神経科などを受診することが大切です



ただし、それでも異常が見られない場合。患者さんにもよくオススメするのが『仙骨』を温める方法です


検査で異常がなかった場合には病院でも血流をよくするよう指導されます。
確かに、頭部や肩、首の痛みは一部の頭痛を除いて、血流の悪さのためにおこっていることも多くそんな方は、冷えも自覚されている場合があります。
仙骨には冷えのツボもあり、神経痛様の痛みと冷えを同時に改善するには良いポイントです



患者さんや、その周辺の方にも広まって好評の仙骨の温め。
まずは仙骨の位置ですが、骨盤の左右の腸骨を繋いでいる逆三角形の骨で、お尻の割れ目の上辺りにあります。背骨の土台、身体の中心などとも言われ、頭蓋骨と連動して動くとされています
ここをカイロなどで温めます。ショーツにカイロを貼って、タイツで押さえるのがよいようですが、トイレの際に落ちてしまいやすいので要注意(経験談多数)
最近はカイロを入れるポケット付きの腹巻も売っているので、それを利用するのも良いと思います



仙骨は頭蓋骨と連動して動くことから、仙骨矯正(美顔、痩身などを目的とするものも)、クラニオセイクラルなど、ここを調整するメソッドも多数存在する場所



もう一つ効果を現す理由として私が考えているのは、身体の重心の意識が変わること。身体より頭を使うことの多い現代人は、どうしても『気』が上に登りやすく下半身が弱々しくなりがちです。
本来はおへその下辺りの『丹田』に重心があることが身体の充実と胆力のためには必要なのですが、現代の日本人の多くの方の重心がもっと上にあります


仙骨は、身体の中心といわれるだけあってちょうど丹田の辺りですから、そこが温まっていると、自ずと意識が向いていきます。加えて「カイロ落ちてないかしら」と確認すれば少しそこへ力が入ります(笑)



頭痛、神経痛様の痛み、冷えに仙骨の温め、手軽にできるセルフケアですので是非お試し下さい

2011-11-15 09:31:00

立冬を過ぎ、すっかり冬らしい気候になってまいりました
冬の養生の要は
内側からは腎を補い、漠然と抱いている不安に形を与えること
外側からの寒さを防ぐこと  

 

冬は自然界でも木々は葉を落とし、虫や動物は地下にもぐり、消耗を避けて内側に陽気を温存する季節です

この時期に、夏(や春)と同じように陽気を外へ発散してしまうと、続く春の訪れとともにいわば「芽吹く」活力が失われてしまいます



1.身体を十分に休める

 

日照時間も短くなる冬は、なるべく夜更かしや過度の早起きは避けて睡眠をとり、身体を十分に休めて腎の働きを補うことが大切です。

 

2.腰湯や部屋の暖め過ぎにも注意

 

気温が下がって外気温の高い夏のように汗をかかなくなることで、解毒排出の負担は一気に腎臓にかかってくることになります。陰の気が極まる冬の時期、腎は陽気を温存しながらフル回転で働かなくてはなりません。

ただし、解毒の負担を減らそうと冬に腰湯 で汗をかくのは厳禁。陽気とともに体内の陰分(水分)が失われると乾燥の激しいこの季節には、血管や心臓への負担が増えて、思わぬ病気を引き起こす元になります

 寒さが原因の不調を防ぐためには、防寒対策が必要ですが、厚着のし過ぎや部屋の暖め過ぎも、せっかく陽気を体内に閉じ込めようと閉じている毛穴を開いてしまい、そのままの状態で外気にあたると風邪が入りこみやすくなってしまうので注意が必要です



3.胃を働かせ過ぎない

 

年末年始は忘年会や新年会など、暴飲暴食してしまう機会が増えます

消化を司る『脾』の働きすぎは、腎を攻撃することで、腎の機能を弱めます。春先まで不調を引きずらないためにも、胃を働かせずぎたな、と感じたら、翌日は食事の量を控えるなどしてコマメに身体の調子を整えていきましょう



4.不安や恐れに形を与える

 

腎の機能が低下すると、「不安や恐れ」を感じやすくなります。もちろん不安や恐れによって腎の機能も低下します。

丹田(おへその下あたり)に力がこもっていれば、腹が据わり活力も湧いてきます

不安は新たな不安を呼んでしまうので、それがまた身体にも影響を与え悪循環を繰り返してしまいます

不安は、「わからないものに対するおそれ」から来ることが多いもの。

イタズラに恐れるだけではなく、しっかりと調べたり意見を聞いたり、目の前のことを一つ一つ片づけていって不安の元を突き止める、備えや準備を万全にする。などによって「わからないもの」が具体的に「形を持った見えるもの」に変わっていきます

解決の糸口がなかなか見つからない時には、まず丹田に力を込めて深呼吸してみるだけでも効果があります



冬の期間を上手に乗り切って、健やかな春を迎えるためには、腎を必要以上に働かせず、同時に養生していくことが肝腎です

 

具体的なセルフケアは ↓コチラ

 

肝臓と腎臓を温める

水(腎)経の人に良い食べ物

疏泄マッサージ 腎経の経穴(ツボ)

耳マッサージで腎を養う

頭皮がブヨブヨ、切れ毛がある


1 2 3 4 5 6 7 8 9